本庄内科病院

法人概要

院長挨拶

院長挨拶

21世紀の心の医療を目指して
初代院長は、結核とハンセン氏病の治療から医学の道に入り、どんな患者さんとでも心豊かなお付き合いのできる病院を理想としてこの地に開院しました。
それから月日も経ち、医療を取り巻く環境はめまぐるしく変化しましたが、患者さんと医療者との人間関係は、開院当初と何も変わっておりません。
むしろ医療技術が進歩した今こそ、患者さんと医療者の心の結びつきは、以前よりもずっと大きな価値をもってきていると言えます。
私たちは、少子化、高齢化、介護保険導入など急激な医療環境の変化に的確に対応していきながら、さらに質の高い医療、開かれた医療という今後あるべき姿の医療を目指します。

しかし、その根底に流れる精神は、初代院長の『心豊かなお付き合い』という志しであり、心と心が通う温かな医療環境づくりにますます努めていきたいと思っております。

院長プロフィール

昭和35年生 -
平成元年 開業
平成21年 認知症サポート医
平成23年
平成28年
認知症医療地域連携専門研修修了

【認定医・資格など】
介護認定調査委員 / 日本医師会認定産業医 / 労働衛生コンサルタント / 熊本東警察署協力医

概要

施設名 本庄内科病院・介護老人保健施設 心 ほか
理事長 本庄弘次
院長・施設長 本庄弘次
所在地 〒862-0921 熊本県熊本市東区新外3丁目9番1号
電話番号 病院:096-368-2811
老健:096-285-6225
FAX番号 病院:096-369-1549
老健:096-285-6224
メールアドレス info@honjyo-hp.jp
外来診療時間 月~土:08:30~12:30  受付は12:00まで
月~金:13:30~17:30  受付は17:00まで
休診日 休診日:日曜日・祝日・8月15日・12月31日~1月3日
アクセス 新外入り口バス停 徒歩3分
駐車場 有り(25台)
診療科目 ・内科
・呼吸器内科
・消化器内科
・循環器内科
・神経内科
・放射線科
・漢方内科
・訪問診療[往診]
介護保険実施サービス ・施設サービス
・居宅サービス(短期入所療養介護、通所リハビリテーション、訪問リハビリテーション)
ベッド数 ・地域包括ケア病棟:26床
・介護老人保健施設:29床
医療設備 ・X線撮影装置 ・心電計 ・オージオメーター ・パルスオキシメーター
・臨床検査室 ・生理検査室 ・機能訓練室
・介護浴槽 ・食堂 ・談話室 ・その他

沿革

昭和45年 初代院長、本庄茂のもと、本庄内科医院(19床)として開業。
昭和47年 ・リハビリ室、給食室、病室を増改築し、本庄内科病院(62床)に名称を変更
・人間ドックを開始。
昭和49年 ・女子寮完成。
平成元年 ・初代院長他界後、新院長として本庄弘次が引き継ぐ。
・在宅医療、産業医、警察協力医、老人ホーム委託医も引き継ぐ。
平成8年 ・訪問看護を開始。
平成12年 ・病院施設及び設備リニューアル。
・療養型病床群(ショートステイ可能)完成。
・デイケアを開始。
平成29年 地域包括ケア病棟26床、介護老人保健施設29床

院内紹介

先端の医療技術で取り組み、心と心の会話で応えます。
積極的に各種専門知識の研修会に参加し、ひとりひとりが常に医療技術のさらなる向上に取り組んでいます。
また、心身ともに回復されることを願い、精神面からのケアに全力で努め、心通う病院づくりを目指しています。

院内紹介

■地域包括ケア病棟(26床)
入院中の治療や検診はもちろんのこと、一日も早い回復を願って、
家族の一員になったつもりで元気と笑顔の精神看護を心掛けています。

院内紹介

■介護老人保健施設(29床)
自宅療養しているようなアットホームな温もりを大切にしています。
寝たきりにならないように、自分でできることをさらに充実させるお手伝いをしています。

設備

設備
■受付
スムーズに流れ、待ち時間が短いように配慮。
設備
■CT室
より高度なCTで、より詳細な検査の充実。
設備
■リハビリ室
自主性を引き出す精神ケアと個人の意思に添った機能回復訓練。
設備
■給食室
患者さんの声を反映させたメニューづくり。
設備
■浴室
快適に楽しんでいただけるように細やかな機能で配慮。

求人情報

職種

【看護職】・日勤遅出のみの方 ・夜勤可能な方 ・夜勤専従

【介護職】・日勤遅出のみの方

【看護助手】・日勤遅出のみの方

※病院・介護老人保健施設も募集中

給与

【看護師】
総支給額210,000円~300,000円

【准看護師】
180,000円~250,000円

【介護職・助手】
150,000円~250,000円