? 法人概要|熊本市東区新外の本庄内科病院
本庄内科病院

法人概要

院長挨拶

院長挨拶

21世紀の心の医療を目指して
初代院長は、結核とハンセン氏病の治療から医学の道に入り、どんな患者さんとでも心豊かなお付き合いのできる病院を理想としてこの地に開院しました。
それから月日も経ち、医療を取り巻く環境はめまぐるしく変化しましたが、患者さんと医療者との人間関係は、開院当初と何も変わっておりません。
むしろ医療技術が進歩した今こそ、患者さんと医療者の心の結びつきは、以前よりもずっと大きな価値をもってきていると言えます。
私たちは、少子化、高齢化、介護保険導入など急激な医療環境の変化に的確に対応していきながら、さらに質の高い医療、開かれた医療という今後あるべき姿の医療を目指します。

しかし、その根底に流れる精神は、初代院長の『心豊かなお付き合い』という志しであり、心と心が通う温かな医療環境づくりにますます努めていきたいと思っております。

院長プロフィール

昭和35年生 -
平成元年 開業
平成21年 認知症サポート医
平成23年
平成28年
認知症医療地域連携専門研修修了

【認定医・資格など】
介護認定調査委員 / 日本医師会認定産業医 / 労働衛生コンサルタント / 熊本東警察署協力医

概要

施設名 本庄内科病院・介護医療院 心 ほか
理事長 本庄弘次
院長・施設長 本庄弘次
所在地 〒862-0921 熊本県熊本市東区新外3丁目9番1号
電話番号 病院:096-368-2811
介護医療院:096-285-6225
FAX番号 病院:096-369-1549
介護医療院:096-285-6224
メールアドレス info@honjyo-hp.jp
外来診療時間 月〜土:08:30〜12:30  受付は12:00まで
月〜金:13:30〜17:30  受付は17:00まで
休診日 休診日:日曜日・祝日・8月15日・12月31日〜1月3日
アクセス 新外入り口バス停 徒歩3分
駐車場 有り(25台)
診療科目 ・内科
・呼吸器内科
・消化器内科
・循環器内科
・神経内科
・放射線科
・訪問診療[往診]
介護保険実施サービス ・施設サービス
・居宅サービス(短期入所療養介護、通所リハビリテーション、訪問リハビリテーション)
ベッド数 ・地域包括ケア病棟:26床
・介護医療院:29床
医療設備 ・X線撮影装置 ・心電計 ・オージオメーター ・パルスオキシメーター
・臨床検査室 ・生理検査室 ・機能訓練室
・介護浴槽 ・食堂 ・談話室 ・その他

沿革

昭和45年 初代院長、本庄茂のもと、本庄内科医院(19床)として開業。
昭和47年 ・リハビリ室、給食室、病室を増改築し、本庄内科病院(62床)に名称を変更
・人間ドックを開始。
昭和49年 ・女子寮完成。
平成元年 ・初代院長他界後、新院長として本庄弘次が引き継ぐ。
・在宅医療、産業医、警察協力医、老人ホーム委託医も引き継ぐ。
平成8年 ・訪問看護を開始。
平成12年 ・病院施設及び設備リニューアル。
・療養型病床群(ショートステイ可能)完成。
・デイケアを開始。
平成29年 地域包括ケア病棟26床、介護老人保健施設29床
平成31年 介護老人保健施設を介護医療院に転換

院内紹介

先端の医療技術で取り組み、心と心の会話で応えます。
積極的に各種専門知識の研修会に参加し、ひとりひとりが常に医療技術のさらなる向上に取り組んでいます。
また、心身ともに回復されることを願い、精神面からのケアに全力で努め、心通う病院づくりを目指しています。

院内紹介

■地域包括ケア病棟(26床)
入院中の治療や検診はもちろんのこと、一日も早い回復を願って、
家族の一員になったつもりで元気と笑顔の精神看護を心掛けています。

院内紹介

■介護医療院(29床)
自宅療養しているようなアットホームな温もりを大切にしています。
寝たきりにならないように、自分でできることをさらに充実させるお手伝いをしています。

設備

設備
■受付
スムーズに流れ、待ち時間が短いように配慮。
設備
■CT室
より高度なCTで、より詳細な検査の充実。
設備
■リハビリ室
自主性を引き出す精神ケアと個人の意思に添った機能回復訓練。
設備
■給食室
患者さんの声を反映させたメニューづくり。
設備
■浴室
快適に楽しんでいただけるように細やかな機能で配慮。
職場環境要件の提示について
見える化要件に基づき、特定加算の取得状況を報告し、賃金以外の処遇改善に関する具体的な取り組み内容を下記に掲示致します。
職場環境要件項目 当法人としての取組み
資質の向上 働きながら介護福祉士取得を目指す者に対する実務者研修受講支援や、より専門性の高い介護技術を習得しようとする者に対する喀疾吸引、認知症ケア、中堅職員に対する研修受講料の補助、及び研修日の付与(研修受講時の他の介護職員の負担を軽減するための代替職員確保を含む) 自己啓発支援制度(資格支援制度)を導入し、受験料や研修費等の補助を行うことにより、職員が研修や講習を受けやすい環境を整えている。
労働環境・処遇の改善 雇用管理改善のため管理者の労働・安全衛生法規、休暇・休職制度に係る研修受講等による雇用管理改善対策の充実
ICT活用(ケア内容や申し送り事項の共有(事業所内に加えタブレット端末を活用し訪問先でアクセスを可能にすること等を含む)による介護職員の事務負担軽減、個々の利用者へのサービス履歴・訪問介護員の出勤情報管理によるサービス提供責任者のシフト管理に係る事務負担軽減、利用者情報蓄積による利用者個々の特性に応じたサービス提供等)による業務省力化
有給休暇取得推進を積極的に行い、リフレッシュ休暇として、有給・夏休み等を組み合わせて5日間の連続休暇


介護ソフトの活用による情報共有、記録の電子化による業務負担軽減を行っている。
介護職員の腰痛対策を含む負担軽減のための介護ロボットやリフト等の介護機器等導入 特浴、電動ベッド(超低床ベッドを含む)、移乗ボード移乗シート等を導入し、介護職員の腰痛対策を行っている。
子育てとの両立を目指す者のための育児休業制度等の充実、事業所内保育施設の充実
ミーティング等による職場内コミュニケーションの円滑化による個々の介護職員の気づきを踏まえた勤務環境やケア内容の改善 毎朝、ミーティングを開き情報共有を徹底している。
事故・トラブルへの対応マニュアル等の作成による責任の所在の明確化 安全・感染・褥瘡・拘束委員会を毎月開催し、マニュアルの作成を実施。
健康診断・こころの健康等の健康管理面の強化、職員休憩室・分煙スペース等の整備 年次健康診断の実施、全館及び敷地内全面禁煙、職員休憩室の確保。ストレスチェックの実施と産業医の面談を実施。
その他 介護サービス情報公表制度の活用による経営・人材育成理念の見える化 ミーティング等で経営理念を唱和し、共有を図っている。
障害を有する者でも働きやすい職場環境構築や勤務シフト配慮 無理のない業務プログラムを各人に作成し業務を行うと共に、他職員もプログラムを共有し指示を行っている。
地域の児童・生徒や住民との交流による地域包括ケアの一員としてのモチベーション向上 地域の行事に参加し、児童や生徒、住民との交流を図っている。
非正規職員から正規職員への転換 非正規職員から正規職員への転換を奨励している。
職員の増員による業務負担の軽減 積極的に職員を採用し、一人一人の業務を分散させ負担を軽減している。

求人情報

職種

【看護職】・日勤遅出のみの方 ・夜勤可能な方 ・夜勤専従

【介護職】・日勤遅出のみの方

【看護助手】・日勤遅出のみの方

※病院・介護医療院も募集中

給与

【看護師】
総支給額210,000円〜300,000円

【准看護師】
180,000円〜250,000円

【介護職・助手】
150,000円〜250,000円